ピンチ!3人目妊娠、でも里帰りできない。。上2人を育児しながらの妊娠生活について。

3人目妊娠そのときの心境

現在我が家は4人家族。

長女は4歳、長男は2歳です(´▽`)(2019年現在)

上の長女は元気いっぱい。活発で、お喋りなおませさん。下の息子は、大人しく、赤ちゃんの頃から手がかからない男の子です。(いつか反抗期がきそう。。)

女の子と男の子の姉弟で、ちょうどいいね〜と周りから言われます。

たしかに、男女どちらもほしくて、2人姉弟で良かったのですが、私自身が姉妹ということもあり、大きくなった時に姉妹だと楽しいよね〜と思ってて、3人目もしできたら女の子だといいな〜なんて思ってました。

と、そんな時に、、

妊娠発覚!(゚∀゚) ビックリ、というより嬉しい〜という気持ちが大きかったです!

3人目というと、「大変そう、、」「さらに忙しくなるね!頑張ってね!」とよく言われます。

妊娠の喜びもありましたが、育児、経済的にももちろん大変になるなぁという不安も少しありました。

でも「きっとなんとかなる、、!」と妊娠がわかった時は前向きに考えていました。

ゆうママ

3人目の妊娠、不安より喜びの方が大きかったです(^^)

上の子2人育児しながらの妊娠生活

妊娠して嬉しかったのですが、妊娠がわかって始まった悪阻がキツかったです( ̄∀ ̄;)

今までの妊娠生活の中で1番キツかったです。なんといっても、上の子2人の育児をしながらの悪阻だから。。

今回の悪阻は、ほとんどの食べものが食べれず。食べたら気持ち悪くて吐くといった感じでした。

私が上の子の育児をしながら、悪阻を乗り切った方法。

◯その日食べたいと思ったものを食べてみる。

◯必要最低限の家事。部屋が汚くても気にしない。

◯旦那さんの協力は不可欠!

◯子どもたちにはTVを見せ、横になる。

↑テレビばかりを見せるのは悪いと思いつつも、悪阻でキツイ時はテレビに頼って横になるしかありませんでした。

いつか終わりが来る。。ずっとキツイままではない!そう思いながらなんとか悪阻が終わるまで耐えました。

悪阻がおさまってからは、体調が良くなり、育児もだいぶラクになりました。

ピンチ!里帰りできない(゚◇゚;)

妊娠して、なんとか悪阻を乗り切った私ですが、ここでピンチが訪れます。

私は上2人の妊娠の時には里帰りし、実家にお世話になりながら臨月〜産後1ヶ月まで過ごしました。

今回も里帰りしようと思ってたのですが、母からまさかの連絡。

「もしかしたら透析になるかもしれない」と。。

母は数年前から腎臓が悪く病院に通院していて、疲れやすかったり、頭痛があったりといった症状がありました。

上の子2人を連れ里帰りしたら、母の症状が悪化するかもしれない。。

今回はさすがに出来ないと判断(;ω;)

3人目だけど、里帰りしないで産む決意をしました!!

里帰りしないので、産前産後いろいろなサービスを活用して乗り切ろうと思っています。

私が出産で利用したものをこれから紹介できたらと思っています。

ゆうママ

2019年8月に無事次女を出産しました(^^)産前産後の事をこれからも記事にしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です